So-net無料ブログ作成

.webarchive [夜話]

職場で".webarchive"という拡張子のファイルが送られてきたんだけど開き方が分からないということで、相談を受けた。水琴は別に大したことないのですが、何となくコンピュータに詳しそうなオーラが出ているらしく、よくこの手の相談が舞い込んでくる。

「ぐぐれよ!」・・・という黒い心の声(笑)を押しとどめ、にこやかに対応。・・・いや、こういうのは、むしろ自分が新たな知識を入れるチャンスだと思うので、実際あんまり迷惑だとは思ってない。自分の人生だけで経験できる範囲は限られてしまうけど、人がぶつかったこともこうやって共有できれば、ずっと見える範囲が広がるのでとても面白い。

さておき、とりあえず、自分も初めて見たので、中身を見てみることにした。メモ帳にドラッグ&ドロップ。すると、一部文字化けしているもののwebページっぽい。名前からしても当然だけど。ということは、webブラウザなら開ける可能性が高い。

しかしIEやChromeにドラッグ&ドロップはうまく行かないようだ。ええい、面倒だ。拡張子を.htmlとかにしてしまえ(笑)→で、開いてみると、惜しい!!おおむね表示されてるんだけど、一部文字化け。エンコードとかではなく、根本的にtext/htmlではないbinary部分があるようだ。ファイルのヘッダが化けているので、ソフトウェアが対応していないと言うことだ。当たり前か。さっき、メモ帳で化けてたんだから。

仕方ない。Google大明神に問い合わせてみるか。なになに、Safariの形式なのか。送ってきた人はリンゴ党ってことだね。え?Windowsでは開けない・・・の?相談掲示板みたいなのでは、そういう結論らしい。

その後、数分、サーフィンしてみたけど、あまり芳しくない。そもそも.webarchiveを送られて困ったという人の数が少ないようだ。そりゃそうだよね。普通こういうのって、OSが違うこと想定してpdf化して送るとかするもんね。

どうするか。pdfで送れと相手に伝えるべきか。もう少し粘るか・・・。

あれ?考えてみると、Win用Safariってあるよね?あれで開けるんじゃない?・・・というか、それで開けないようならMacは倒産するだろう(笑)

というわけで、Safariをインストール。もうバージョン5なのか。昔、バージョン1.00を触ったことがあったけど、隔世の感があるな。当時に比べると、だいぶ洗練されてきたようだ。

さて、インストール完了すると、果たして拡張子の関連づけは、成功したようだ。ダブルクリックしてみると、・・・おお、開けた(^_^)vばっちり。

あとは、コンピュータに詳しくないその人が将来困らないように、簡単にSafariの見た目をカスタマイズし、印刷の仕方などを教えて終了。

しめて、20分ほどか。まずまずのスピードで解決。


まとめの覚え書き

拡張子".webarchive"は、Safariのファイル形式。Windows用Safari(フリー)をインストールすれば開ける。見栄えを気にしなければ、拡張子を.htmlなどとしてIEで開けば用件だけは分かる。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

ぼんぼん

子どもに頼まれた.webarchiveファイルをWindowsで印刷することができずググらせていただきました。
貴殿のような高いお志の方のお陰で無事、印刷できました。
深く感謝したします。

by ぼんぼん (2012-10-10 06:50) 

よおこ

職場で水琴さまと同じように相談を受け、ここにたどり着きました。
とてもわかりやすく書いてあったので、すぐに解決することができました。
大変助かりました。ありがとうございます。

「自分が新たな知識を入れるチャンス」のくだり、素晴らしい志ですね。

by よおこ (2012-11-22 09:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。