So-net無料ブログ作成

ホットパーティクル説 [夜話]

放射性の微細粒子、「ホットパーティクル」というのが東京でも結構飛んでいる(or飛んでいた)ということをアメリカのガンダーセンさんがyoutubeで言っていたりして、ちょっとネット上で少し話題になっているようです。あと京大の小出さんも、やや方向性は違うもののホットパーティクルについて少し解説されてるようです。

コメント欄でも質問が出ましたし、ちょっと調べてみました。

まず、動画(たとえば)を見てみました。これは、講演会か何かのプロモーションビデオなのかな?個人的には、字幕はちょっと邪魔・・・。ガンダーセンさんの言いたいことは伝えられているとは思うので、誤訳と咎め立てするほどでもないけど、若干ミスリーディング入ってるような。

それはともかくとして、その他の彼の動画やネット上で言われている話を総合すると、ホットパーティクル説の骨子は、多分以下の通り。

(1)ホットパーティクルとは、放射性物質でできた微細粒子もしくは、放射性物質が付着した微細粒子のこと
(2)大きさは、髪の毛の直径よりも小さい
(3)含まれる放射性同位体は、いろいろと可能性が考えられる。セシウムなどのほか、溶融した燃料片が混入していればプルトニウムなどを含む可能性もある
(4)微細かつ微量で一般的なGM計数管で探知することは難しい
(5)エアーフィルターを用いた計測に基づくと、呼吸による吸入に換算して、四月現在で、300~400個/日(福島)、10個/日(東京)、5個/日(シアトル)と推算されている
(6)金属味がある
(7)微量だからと言って安全とは限らない。肺に付着すると、そのまわりだけが局所的に被曝する可能性があり、その局所が受け取る重量当たり被曝線量(Gy値やSv値)は大きい
(8)(3)とも関連するが、もし、プルトニウムを含んでいる場合には、プルトニウムは微量でも毒性が高い(年間摂取許容量は5×10-8g)ので、危険である

もっともらしいような胡散臭いような・・・。「あり得るかな?」と思える話も含まれてはいるんだけど、「それは、どうなの?」というところも多い。というわけで、それぞれのポイントに対する私のコメントを次の記事にまとめてみます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。