So-net無料ブログ作成

第52期王位戦第四局(一日目) [将棋]

広瀬王位に羽生二冠が挑戦している今期の王位戦第四局。ここまで、広瀬王位から見て2-1。本局は、広瀬王位の先手と言うことで、戦型選択にも注目が集まりましたが、どうなったでしょうか。

詳細は、中継ページをご覧ください。

第二局に引き続き、広瀬王位は先手では居飛車を選択。戦型予想は外れました(^_^;)

横歩取り△8五飛に進み、先手思わしくないのではないかと言われている変化に広瀬王位が飛び込んだ。

ただ、封じ手の局面でも、まだ前例をなぞっている展開。

私自身は、△4一玉型ならば、ほぼ新山崎流一辺倒なので、本局の展開はよく分からないけど、封じ手で変化するのか、終盤で細かい工夫を使ってひっくり返すつもりなのか・・・。

かつて、渡辺竜王も横歩取りで詰みまで研究されているような将棋で、終盤に巧妙な利かし一発で、結論をひっくり返して勝ったこともある。

本局も、若きタイトルホルダーの研究の深さが見られるかも。

横歩取り△8五飛の名手(だったけど、最近の採用率は非常に低い・・・)の上記渡辺竜王もブログで、本局に触れて、「その後の結論は・・・前過ぎて思い出せない」と不穏なことを書いている。水面下の独自研究があるのを秘匿しているのか、本当に忘れちゃったのか・・・?

いずれにしても、中継に書かれているほど、はっきり後手よしということではないのかもしれません。

二日目の今日の展開に注目です。


タグ:将棋 王位戦
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

おじぎ

水琴さん、ご無沙汰しています、松戸市民おじぎです。

あ!っという間に季節は過ぎていきますね。。
我が家はあれから「どうぶつ将棋(ミニ盤)」を購入し、小学生の娘と夫婦でハマりました。ちなみに3歳の下の子もやりたがり、対象年齢内のはずがまだまだ全然出来ません。ただの邪魔怪獣です。。。

さて、相変わらず東葛地区のホットスポット談義には熱があり、ネット上では煽るかのごとく熱い意見を言う人がいたり「東葛地区の人は今すぐ逃げて!」なんて書き込みにへこんだりしている私ですが、それでも当時よりは冷静に怖がれるようになってきた気がします。

今でもへこみそうになった時には水琴さんのブログ内で落ち着きを取り戻しています。

毎日多忙かとは思いますが、またブログを更新していただけたらな〜なんて思っています。
季節の変わり目、お互い体調にはくれぐれも気をつけて参りましょう。
by おじぎ (2011-10-03 16:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。