So-net無料ブログ作成
検索選択

第52期王位戦第2局(二日目) [将棋]

広瀬王位に羽生二冠が挑戦している今期の王位戦第2局の二日目。

詳細は中継ページをご覧ください。

封じ手は、やはり△7四銀でした。

対して、先手は▲3五歩から2~3筋を攻撃。部分的には非常に厳しく、受けきることは不可能だけど、後手玉が居玉なので、どれくらい響くか。後手も桂馬をはねて△6五銀からの反撃の筋があり、攻め合いにはなる形なので、寄せの速度が重要になってきそう。

一連の応酬の後、55手目▲7四歩~59手目▲5六銀が若き王位の才能を示した順。このあたりでは、先手が指しやすくなった気がする。

しかたない60手目△5四銀に、▲4四角から先手は攻め駒がきれいにさばけて快調。桂馬の質もあっては、後手はかなり苦しそう。

しかし、そこで、じっと△7六歩も非凡な一手。悠長なようだけど、7七に打ち込める形を作っておくのが大きいと見ているのでしょう。普通では、これは怖くて指せない。先手玉は寄せられても全く文句は言えない。

先手は勝機ありと見て、桂馬をむしりとって飛車を成り込む。

75手目▲3二銀が、ほどきにくい詰めろ。命からがら上部へ脱出してきたところへ、79手目▲3五歩。後手玉の命は風前の灯火。

後手は、△7七銀と打ち込むが、先手玉は右へ逃げれば詰まない。形作りか・・・と思われたのだが。

82手目△1五角がアクロバティックな粘り。この角はいずれ取られそうだけど、ひとまず2四への利きを増やして玉を安全にする。

87手目▲7七桂では、先手変調。ちょっと前まで先手勝勢に見えたけど、かなり形勢が接近してきた感じだ。そして、90手目△5八銀!取って勝ちっぽいので、できれば取りたいけど、相当に勇気が要る。優勢な方は安全に行きたくなるという心理も加えると、取りづらい。山崎七段の講座の通りだ。

結局、実戦は▲4八玉と躱したために、92手目△5五桂が味良く、さらに形勢が接近。どちらが勝ってもおかしくない大乱戦になってきた。

先手は、101手目▲6五金まで、後手の中段の駒を根こそぎ掃除して、来るべき上部脱出に備える。

後手は、回ってきた手番で、△5九角から猛追。今度は、先手玉が中段へ追い回される展開に。

110手目△6四金は、ほとんど頭突き状態。6四へ歩をのばすためというのは分かるけど、自玉のすぐそばで、よくこんな怖い手を指せるものだ。

先手は、115手目にしてようやく▲1五竜と角を取る。

ここで、後手は、116手目△6六竜と切って、寄せに出た。

しかし、123手目▲6六桂がいい合駒で、どうやら先手玉は詰まないようだ。

・・・というわけで、広瀬王位の勝ち。通算2-0と星を伸ばした。

本局は、序盤、中盤で先手が少しポイントを稼いでいて、封じ手の局面では、やや先手乗りかなという印象でした。その後、2~3筋の攻めが成功した先手が一時勝勢に。しかし、秘術を尽くした羽生二冠の粘りに手を焼き、終盤は混沌。最後は、後手の寄せに対していい合駒を持っていたために、ぎりぎり勝ちきった。

次局は、そろそろ穴熊が見られますかね。熱戦に期待。


タグ:将棋 王位戦

第52期王位戦第2局(一日目) [将棋]

広瀬王位に羽生二冠が挑戦している今期の王位戦。広瀬王位の先勝で迎えた本局。

詳細は、中継ページをご覧ください。

本局は、先手の広瀬王位が居飛車を選択。羽生名人は、一手損角換わり。

16手目△7四歩は、ちょっと早く態度を決めている感じ。角換わりの後手番は、腰掛け銀が多いけど、最近は一手損角換わりで早繰り銀がときどき現れるようになっている。富岡八段や糸谷五段の採用率が高いイメージがある。

この形は、結局、相早繰り銀になることが多い。腰掛け銀模様も1局だけど、ちょっと消極的な感じ。

本局も23手目▲4六銀まで、相早繰り銀に進んだ。16手目以降、ここまで自然な進行ながら、意外なことに、前例のない局面になっているらしい。

26手目△7五歩から後手が動きを見せる。居玉のまま突っかけるのも、現代ではごく当たり前の光景になってきた。一手損角換わりでは、バランスを取るために居玉が意外と良かったりする。王手飛車などには気をつけないと行けないけど、基本的には、相手の攻め筋と自分の攻め筋と両方から遠いわけで、理にかなっている。

30手目△7五歩は強情な手。一目怖すぎるので、研究手でしょう。先手も負けじと▲6五銀。早くもねじり合いの様相を呈してきた。

後手は、八筋の歩を交換して、様子を見る。

対して、▲5六銀が一転して落ち着いた一手。軽く動いてきた後手に対して、じっくりと押しつぶしていく作戦のようだ。

後手の指し手が急に難しくなってきた。・・・と思ったら、△7三銀!これは、柔らかい一手。なるほど。

40手目も△6二金とゆっくり。7五の歩が心配だけど大丈夫なのかな。

果たして41手目▲6六角と狙ってきた。当然△6二金の段階で構想は練ってあるだろうけど、指さない。そのまま封じ手になった。

本格的な戦いは、二日目からということになった。

封じ手予想は、△7四銀。個人的には、7五の歩を取らせる指し方も考えてみたいけど、なかなか有効な一手が難しい。でも長考してたから、何かするのかも知れない。

とはいえ、ぱっと見える△9三桂や△4四歩では、いまいちな気もするし・・・。玉を固めるのも難しいし・・・。

う~ん。迷って、考えて、やっぱり、△7四銀が相場かな・・・と思ってしまうのです。


タグ:将棋 王位戦

ホットパーティクル説へのコメント [夜話]

ホットパーティクル説へのコメントです。

(1)ホットパーティクルとは、放射性物質でできた微細粒子もしくは、放射性物質が付着した微細粒子のこと

>そういうのは、多分存在するし、関東まで飛んできてたでしょう。それが降下したから地表が汚染されたんでしょうし、KEKなどでの大気中の放射性物質の濃度の分析結果もあります。


(2)大きさは、髪の毛の直径よりも小さい

>そりゃ、そうでしょう。逆に、髪の毛の直径ほどもあったら目視できるレベルだし。でも、なぜ髪の毛と比較するのか、意図が分からない。身近なものにたとえたのかも知れないけど、そもそも髪の毛の直径なんて一定じゃないし、比較する相手として全く適さない。はっきり粒径の目安を言えばいいのに。


(3)含まれる放射性同位体は、いろいろと可能性が考えられる。セシウムなどのほか、溶融した燃料片が混入していればプルトニウムなどを含む可能性もある

>どういうものかはっきりと分析されていない以上、いろいろ可能性があるとしかいえないのは仕方ない。ただ、KEKなどでの大気中の放射性物質の濃度の分析は感度が最高クラスなので、そこで検知できなかったものが含まれていることは考えにくい。燃料片の混入の可能性も、燃料が溶融し、格納容器が損傷した以上、完全否定はできない。福島第一で中性子線が検出されたこともあることから、むしろ定性的には、どれだけかは炉外に出たと見るべきでしょう。ただし、福島第一原発の敷地内での土壌のPu分析結果でさえ、環境土壌と同程度の濃度レベルであることから、非常に微量であったはず。


(4)微細かつ微量で一般的なGM計数管で探知することは難しい

>程度問題だけど、あまりに微量だとそうかもしれない。バックグラウンドとの分離が難しい。でも、Geシンチレーションカウンタならエネルギースペクトルも分かるので検知できるでしょう。α線や中性子線のみってこともありえないでしょうしね。


(5)エアーフィルターを用いた計測に基づくと、呼吸による吸入に換算して、四月現在で、300~400個/日(福島)、10個/日(東京)、5個/日(シアトル)と推算されている

>これは、いろいろおかしい。まず、計測方法が全く不明。推測するに、フィルターをつけて吸引した後、フィルターに感光フィルムでもつけて、輝点の個数を数えたのか、シンチレーションカウンタで計測かな。ただ、フィルターの仕様は明らかでなく、通過している粒子もあるかもしれないし、逆にフィルター自体の元々のクリアランスレベルによっては、ホットパーティクルでないものも含まれるかも知れない。次に、なぜ最初から呼吸による吸入量に換算して出すのかも分からない。呼吸量なんて年齢や個人差が非常に激しいし、生活の仕方でも大いに変わる。普通なら空気中の密度や濃度を出し、そのあとで、いろいろな仮定を示したうえで推算すべきだと思う。また、なぜ個数で表記するのかもよく分からない。比較的放射能の大きなものもあれば小さなものもあると思うんだけど、それを無視して個数表記することの意味が分からない。やはり、KEKなどのように、○○の同位体が××Bq/cm3とすべきだと思う。最後に有効数字の問題が適切に扱われていないのも非常に気になる。呼吸量や空気中の濃度の不均質性などの多大な不確定性がある以上、せいぜいオーダーの議論しかできないと思うんだけど、10個と5個の差に意味があるかのような表現になっている。このあたりは、「科学が分かってない」という香りを醸し出してしまっている。ちなみに、成人の呼吸量が10~20m3/日くらいらしいので、そこに10個含まれるというならば、大気中の個数密度は1個/m3程度のオーダーということのよう。


(6)金属味がある

>それは気のせいでしょう。どんなスーパー味覚なのか。濃度の高かったセシウムやヨウ素の化合物のリストを眺めても、これといって該当するものが見あたらない気がする。


(7)微量だからと言って安全とは限らない。肺などに付着すると、そのまわりだけが局所的に被曝する可能性があり、その局所が受け取る質量あたり被曝線量(Gy値やSv値)は大きい

>これは、代表体積の取り方を利用したトリック。Gy値は、質量あたり受け取る放射線のエネルギーだし、Sv値は、それに人体用に補正係数をかけたもの。というわけで、基本的には質量あたりのエネルギー量で表されている。この「質量あたり」と言うところがミソ。そもそも、突き詰めて考えると、放射線が組織に当たったとした場合、その衝突地点は、ほぼ点であって、そこの部分の質量はきわめて小さい。もし、そのポイントの質量で放射線から受け取ったエネルギーを割り算したりすれば、無限大に近いGy値やSv値をたたき出すことも可能になる。しかし、そういうミクロの世界に入り込んで行くのではなく、一定のバルクの大きさの平均値(たとえば組織当たり線量)を出して、それで考えましょうというのが、普通のやり方である。そして、それに従ってSv当たりの健康影響なども整理されてきている。従って、代表体積以下の局所だけを取り出した場合は、従来の健康影響への換算係数を使うことはできない。

では、代表体積の取り方は、ミクロな方が良いのか臓器くらいのサイズの方が良いのか。平均的に臓器全体がアタックされる場合に比べて、局所だけのダメージの場合の方が、アポトーシスで臓器全体に影響しないように処理できる確率は高く、健康影響が現れにくいというのは自然だと思う。そういうわけで、代表体積を臓器くらいのサイズに取って健康影響を評価するという普通のやり方のほうが自然で、局所だけ取り出すことを科学的に正当化することは難しいと思う。


(8)(3)とも関連するが、もし、プルトニウムを含んでいる場合には、プルトニウムは微量でも毒性が高い(年間摂取許容量は5×10-8g)ので、危険である。

>それを言うなら、ホットパーティクルの個数ではなくて、質量密度かBq数を計測してもらわなくてはね。やってることと、言ってることが、ちぐはぐな感じ。ちなみに年間摂取許容量相当なら、10-8Bq/cm3程度の濃度にはなるはずなので、適切な機器・方法で計測すれば検出できるはずです。まあ、出ない可能性が高いと思うけど。


というわけで、これまでの大気中の放射能計測結果をひっくり返すとは思えないし、そのほか表し方の問題などもあって、個人的にはあまり信頼できない話だなあと思います。でも、意外に高度な仮説なので、科学者でも信じる人もいるかも知れないなあという印象です。特に(7)のトリックは非常にレベルが高い。学会とかで同じようなミスをしている発表をたまに見かけるくらいなので。あと、微量かゼロかの境目は現実的には証明できないこともあり、ホットパーティクル説は今後も根強く残ると思います。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。